京都 清宗根付館に行きました。

12月18日(水)に うるしアートはりやの全員で 京都 清宗(せいしゅう)根付館に伺いました!
清宗根付館では 今月初めから29日(日)までの間、「針谷祐之・絹代」展が開催されております。

 

 

京都 壬生寺の向かいに位置し、電車やバスでアクセスしやすい場所にある清宗根付館。
建造物自体は文政三年(1820)に建てられたもで、京都市指定有形文化財に登録されています。
根付のコレクションは4500点以上!
その中から現代根付を中心に約400点を展示しております。
毎月展示が入れ替わるので いつ行っても新しい発見があります。

外観も然る事乍ら 館内も歴史を感じる奥ゆかしい佇まいをしています。
1階に現代根付を展示するスペースが4部屋、2階は現代根付と古典根付を展示しているスペースが2部屋あります。
針谷祐之・絹代の根付は1階の2部屋で展示されていました。

館内は撮影禁止なのですが  特別に2人の根付を撮影させてもらいました。

 

展示スペース 1部屋目
みんなで作品を鑑賞しています。

展示スペース 2部屋目

祐之が根付の説明をしています。

針谷絹代 作 「 スイミー 」

針谷絹代 作 「 アゲハ蝶 」

針谷絹代 作 「 はち鳥の楽園 」

針谷絹代 作 「 夕涼み 」

 

 

針谷祐之 作 「 希望の缶詰 」

針谷祐之 作 「 さかさ富士 」

針谷祐之 作 「 ヘビースモーカー」

針谷祐之 作 「 狙い撃ち 」

針谷祐之 作 「 雪やこんこ 」

針谷祐之 作 「 登竜門 」
根付は帯に通す留め具として使われるため、どの方向から見ても絵付けが施されています。
鏡を使って裏面も見えるように展示されていました。

針谷祐之 作 「 三嶌越 」
根付の大きさは平均して4cm程。
小さなモチーフの中に 題材の持つストーリー、
遊び心いっぱいのなぞ掛けが 緻密な絵付けや彫刻で表現されています。

 

私にとっては初めての清宗根付館。
スケジュールの都合で滞在時間は1時間でしたが、全然時間が足りませんでした!
数々の根付作品はどれも見応えがあり、作品名を見てストーリーを想像し、
どのような技法でこの作品達が出来上がったのか 過程を考えまた感心していました。

館内では根付の製作風景も動画で流しています。
次はプライベートで 滞在時間を増やしてじっくり根付作品を見たいと思いました。

「 針谷祐之・絹代 」展は 今月29日(日)まで開催されております!
作品集 『 根付作家 祐之・絹代の世界 』に未掲載の根付や
2人の新作根付も展示されています。
ぜひこの機会に精妙な職人技をご高覧下さいませ。

「 針谷祐之・絹代展 」

会期 2019年 12月01日(日) 〜 12月29日(日)
会場 京都 清宗根付館
時間 10時〜17時
休館日 月曜日

●京都 清宗根付館
https://www.netsukekan.jp/

うるしアートはりや
針谷 裕美

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA