lacquerwork from Japan

New brand

ABOUT

うるしアートはりやについて

「 漆を毎日の生活の中に多く取り入れていけるように 」

うるしアートはりやは1981年に茶道具の蒔絵師、針谷祐之・絹代が設立した蒔絵工房です。 現在は息子の針谷崇之・祥吾も加わり、親子4人で蒔絵作品を製作しております。 日本独自の蒔絵を身近に感じて欲しいという思いから蒔絵のアクセサリー製作や新しい素材への蒔絵など様々な取り組みをしております。

Urushi Art Hariya is a company of handmade products established in 1981 that offers traditional Japanese crafts decorated using the maki-e technique. We create jewelry with mother-of-pearl and adorn them using maki-e, a lacquer craft technique that has been practiced in Yamanaka for over 200 years. Delicate and beautiful lacquer work is our specialty. With our desire to “bring more and more lacquer into our everyday lives,” we strive to create works that of showcasing the unconventional allure of lacquer through the combination of various materials.

  • 作るモノを通して山中漆器「 蒔絵 」の存在を多くの人に伝えたい。 日本の宝とも言えるこの素晴らしい技法を日々鍛錬し更に発展させ未来に繋ぐ事を目指しています。 様々な素材との出会いによって生み出される、型にはまらない「 蒔絵 」の魅力をお伝えします。

  • 山中漆器産地だから出来る事。美しいと思えるモノを作り続ける。 この地ならではの技術・技法を中心に美しいとはどういう事なのかを考え、それをカタチにします。 更にそれは本当に美しいのかと問い続ける事で美しいとはどういう事なのかを求め続けます。

Works

うるしアートはりやの活動

作品製作

コラボレーション

技術提供

出展イベント

取扱店舗

gallery

石川県加賀市山中温泉の工房とギャラリー

MEMBERS

うるしアートはりやの職人たち

News

催事や商品の紹介